lachainette.com

■赤いあせもと白いあせも

あせもには痒みを伴う赤い「紅色汗疹」と、自覚症状のない白い「水晶様汗疹」があります。

水晶様汗疹は皮膚の表面(角質層)、またはそのすぐ下に、汗が溜まることによってできます。

日焼けをした時などによく起こり、透明の玉のような1〜2ミリの小さな水疱が広範囲にびっしりと出来ます。

涼しくしておけば、数日で水疱が破れて自然に治ってしまいます。

ウロコのような跡になることもありますが、じきに目立たなくなり、治療の必要も特にないようです。

あせもといっても痒みなどの自覚症状や炎症はありません。

普通思い浮かべる赤いあせもは、皮膚内(表皮内)に汗が溜まることによってできます。

痒みなどの自覚症状がプロアクティブあり、炎症も起こします。

小さな赤いブツブツかアテニア 口コミら2〜3ミリの大きさになるものもあり、水や膿を含んだものが出来ることもあります。

摩擦や掻きすぎで二次感染を起こし悪化させてしまうことも多いので、あせもだからと軽く見ないでちゃんと治療しましょう。

特に赤ちゃんや子供は大人のように痒いのをがまんできなくて掻いてしまうので、あせもにならないように汗をかきっぱなしにさせない、汗を吸いやすい肌着を着せるなど、心がけましょう。

コニカミノルタ
乾燥肌の化粧品ランキングサイト
マキアレイベル